CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
荒井良二くんの本棚
MOBILE
qrcode
<< 9月8日 | main | 2月9日 >>
9月9日

本日、荒井良二くんの絵本が発売になりました。

きょうはそらにまるいつき」(偕成社

 

*********************

 

夕暮れの公園で、乳母車の中から赤ちゃんが空を見ています。東の空から、まんまるい月がのぼってきました。
バレエの練習から帰る女の子や、新しい運動靴を買った男の子、仕事が終わった洋裁店の親子や、ギターの練習をしている人、夕食のかたづけをするおじいさんとおばあさん。町に暮らす人たちも、ふと見あげた空にまるい月をみつけます。
公園にあつまった猫たち、山にいる熊の親子、海でジャンプするクジラの上にも、まるい月が輝いています。
それぞれの人が暮らす、それぞれの場所に、やさしい光がふりそそぐ夜。町の公園では、にぎやかなお祭りが始まりました。

 

*********************

 

出版を記念して丸善丸の内本店さまでサイン会を行います。

 

10月23日(日)15:00〜
丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場

定員50名様
要整理券(電話予約可)

参加方法
○丸善・丸の内本店和書売場各階カウンターにて、対象書籍をご購入でイベント参加ご希望の先着50名様に整理券を配布いたします。
○発売前はご予約にて承り、書籍ご購入時に整理券をお渡しいたします。
○整理券がなくなり次第、配布終了となります。

ご予約およびお問い合わせ
丸善・丸の内本店 和書グループ 
03-5288-8881(営業時間 9:00〜21:00)

 

**************************

 

この本の出版社の偕成社さんHPには担当してくださった

編集者さんのメッセージが載っていて

それが素敵でしたのでご紹介させていただきますね。

 

ふと見あげた空に満月をみつけたときのうれしさ。それはきっと、子どもにも大人にも共通のものじゃないでしょうか。大よろこびをするほどのことではないけれど、いろんな場所で、それぞれの人が、おなじ月を見あげてうれしい気持ちになっているとしたら、それはとてもすてきなことだという気がします。そのうれしさは、日々の暮らしの中で受け取る、ささやかなごほうびのようなものなのかもしれません。
荒井さんが描く夜の風景は、しっとりとした闇とあたたかな街の灯りが美しく、その中で営まれる人々の暮らしが愛おしく感じられます。そして、そのすべてを静かにてらす月の光の清らかさ。ゆっくりとページをめくって読んでいただきたい絵本です。

 

 

************************

 

おつきさまはまるくなくても見つけると嬉しい。

まんまるだと、なお嬉しい。

次のまるいおつきさまは9月17日だそうですよ。

9月15日は十五夜。

忙しい日々の中で月を見上げることも忘れてしまいがちですが

どうぞすべてのひとにおつきさまの光が届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

| - | 16:16 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする